医者

早期治療で改善できる突発性難聴について|異常を感じたら病院へ行く

レディ

聞こえを補い生活を豊かに

耳が聞こえにくい生活はとても不便です。少しでも耳の聞こえをカバーする為にも、是非補聴器のレンタルサービスを便利に利用しましょう。レンタルサービスを利用すれば、色々な種類の中から自分の耳と相性が良いものを見つけることが出来るでしょう。最新の補聴器から定番のものまで揃っているのでお勧めです。

レディ

重要なアフターサービス

補聴器は高い買い物ですが、価格だけで販売店を選ぶと失敗のもとです。補聴器の満足度は、機器だけでなくどのようなカウンセリングが受けられるかで決まります。価格だけで選ぶのではなくカウンセリングの良し悪しで選びましょう。

病院

会社帰りに受診

多くの人が悩んでいる花粉症ですが、症状を軽減させるには早めに病院で検査をしてもらい薬を処方することが大切となります。新宿の耳鼻科は、花粉の季節になると混むこともあるため、利用する前には電話で確認しておくとよいでしょう。また、耳鼻科によっては夜間診療を行なっているところもあります。

難病だが治療も可能

病院

早期治療で治る

生活をしていると、音は自然に聞こえます。日本の都市部であれば、全く音が聞こえない状態を作るのが難しいぐらい音が溢れています。特に昼間に何も聞こえないことはありません。その時に何も聞こえない状態になったとしたら突発性難聴の可能性があります。突発性難聴は、ある日、ある時から突然聞こえなくなる症状です。生活環境によっても異なりますが、常に何かが聞こえる状態で生活しているなら、それらが聞こえないことがわかり症状を認識することが出来ます。この病気の特徴としては、早期治療で治せる可能性があることです。聞こえる仕組みの中で、何らかの問題が発生していることで聞こえないのでしょう。それを解決すれば、聞こえるようになるかもしれません。

高齢者だけの病気でない

病気の中には、老化が原因のものがあります。高齢者の患者の割合が高くなると、老化が原因と言えるかもしれません。ただ、若者の割合が多かったり、近年若い人でもなる人が多くなる病気などもあります。突発性難聴は、突然難聴の状態になることで、かつては老化現象の一つとされていました。40歳代ぐらいから多くなり、それ以上の人もなりやすいとされていました。現在は10歳代、20歳代の人がなることもあるので、突発性難聴の疑いがある時にはすぐに耳鼻科で診察を受ける必要があります。この病気は、厚生労働省が指定する特定疾患の一つになっています。誰がいつなるかわからないので、若いから、元気だからと安心しないで、問題を感じたら受診するようにしましょう。